学資保険 加入

学資保険を検討しているブログ

学資保険に入るか?入らないか?他の金融商品を検討するかを考えるブログ。

メニュー

株、仮想通貨の暴落で学資保険を再考学資保険が向いている人もいる?学資保険よりも良い利率の投資商品を探す学資保険以外の選択肢学資保険はないかな・・・父になりました!

株、仮想通貨の暴落で学資保険を再考

学資保険はあまりにも利率が低く(年換算では0.1%くらい?)なので、それなら株、投資信託、仮想通貨などへの投資のほうが資産を少しでも増やせるのではないか?と考えていましたが、今年に入って一時的に株も仮想通貨も暴騰したあと、株は下落傾向に、仮想通貨は大暴落しており、やはり素人が安易に株や仮想通貨に手を出すもんじゃないなと痛感しています。。

この暴落時に買えばパフォーマンスも良くなるのかもしれませんが、とにかく株や仮想通貨を購入すると毎日、価格が気になって仕方ないので、それを思えば学資保険は加入さえすれば、もう満期時に受け取れる価格が決まっているので、気にする必要さえないので、これを考えれば確かに利率はかなり低いですが、本業に集中でき、毎日気を減らさずにいられる学資保険って意外といんじゃない?と思っているんです。

株や仮想通貨の利率、値上がりも期待できるし、少しでも資産を殖やしたいなら選択は間違っていないかもしれませんが、この数か月のように自分が購入した金融商品が下落した場合、かなり心労が増え、もう損切したくなるので、それならば貯金よりは利率が良い学資保険も選択肢としては間違っていないのかもしれません。

もちろん株などは長期で見る必要があるので、たった3ヶ月間下落したからといっても悲観することはありませんが、金融商品を買って毎日価格が気になる人には投資は向いていませんね。そのほうが本業にも好影響だと思いますから、学資保険も選択肢の1つとして考えても良いかも?と思う今日この頃でした。

学資保険が向いている人もいる?

僕は学資保険への加入を諦めましたが、よく考えると学資保険は全ての人にとって悪い商品ではなく、学資保険への加入を考えたほうが良い人もいます。

例えば生命保険へ加入していない人、片親でもしも親に何かあったときに困る人、資産運用の知識が全くなく、これからも株や投資信託への参入をするつもりのない人などは、学資保険へ加入するメリットがあると思います。

このような人たちは余ったお金を貯蓄に回しているだけで、将来にわたって貯蓄したお金が増える可能性が著しく低いので(逆にお金が減る可能性も低い)、だったら銀行に預けるよりも多少は利率がよく、さらに契約者である親に万一のことがあっても満期の保険金は保障される学資保険は最適かもしれません。

ただ1つ言えるのは、学資保険以上に利率が良い金融商品は山ほどあるということです。

このあたりは学校では教えてもらえないので、大人になって自分で気づき、そして勉強し、実際に行動に移す勇気が必要です。

お金は働いて稼ぐのは当然ですが、その大事なお金をそのまま銀行に預けているだけでは一行に殖えませんので、投資について勉強し、実際に投資した人たちだけが恩恵を受けるのです。

色々、学資保険や投資について考える機会があったので、子供が産まれて本当に良かったと思います。僕も考えるだけでなく、近いうちに必ずどの金融商品に投資するかをこのブログで発表しますのでお楽しみに!

学資保険よりも良い利率の投資商品を探す

それにしても仮想通貨の値上がりが止まりませんね。。完全に乗り遅れたと思っていましたが、そう思ったときはまだ全然、乗り遅れてなく、結局、参入することができず、指をくわえながら毎日ビットコインが○%上昇などのニュースを見ています。。

もしかしたらまだまだ上昇の可能性があるみたいですが、さすがに怖くて参入できません。

僕は学資保険への加入は見送りましたが、このまま自分の貯金、資産を銀行に預けているつもりもないので、近い内に必ず投資先を決めなければならないと思っています。

もし自分が独身なら間違いなく仮想通貨の投資を行っていたと思いますが、やはり家族がいるのでそこまでリスクを負うことはできません。

このあたりが独身者と妻帯者の大きな違いで、ここぞというときに大きな決断ができないのが妻帯者ではないかと思います。

仮想通貨の爆上げを横目で見ながらとなりますが・・・、僕は僕で家族を守りながらの投資を行わなければならないので、株にしろ、投資信託にしろ、出来るだけリスクが少ない商品、当然リスクが少なければリターンも少ないですが、学資保険の利率を上回ればよいので、例えば学資保険であれば100万円⇒105万円と、18年預けて5万円しか殖えないので、この利率を上回る可能性がある投資先はいくらでもあると思うので、証券会社のホームページを見ながら探していきたいと思います。

学資保険以外の選択肢

学資保険への加入を事実上やめて、教育資金を他の資産運用で少しでも殖やすことに決めました。これは非常に大きな決断で、学資保険ならほぼ殖えないが、元本が減ることもまずありません。

しかし昨今の低金利ではあまりにも魅力がなさすぎる、つまり人生を守りに入りすぎていると思うので、ここは勝負ではありませんが、ある程度のリスクは負う覚悟ができています。

そこででは、具体的にどこに投資をして運用するかを決めなければなりません。

株式市場はバブル期の最高値を更新して日経平均は2万5千円、または3万円を目指すくらい勢いがありますが、正直ちょっと上がりすぎて怖い感じもありますし、だからと言って債券市場は学資保険と同様にあまりにも魅力がなさすぎるので。。。

では為替市場、つまり外貨預金やFXはどうか?10年後の為替相場なんて誰にも分かりませんし、FXでレバレッジをかけるのはかなりリスクが高いので為替市場であればFXでレバレッジをかけない方法ですね。

あとは仮想通貨ですか?これはもはやギャンブルに近いものがあるニオイしかしませんが、この1年でビットコインなどは10倍ほどに上昇し、日本でも取引所の許可制など金融庁の法整備も進んでいるので、意外と固い?ようにも感じています。

ただ焦っても仕方ないので、これから仕事と育児を頑張りながら、結論を出したいと思います。


学資保険はないかな・・・

子供が産まれ、毎日育児に悪戦苦闘している慎吾です!ミルクにおむつ交換。妻にすべて任せるわけにはいかないので、仕事から帰って家にいるときくらいは積極的に育児に参加しています!もちろんイクメン目指しています♪

それにしても赤ちゃんって可愛いですが、本当に育てるのは大変ですね(;^_^

今は妻に頼りきりで、これほど妻を心強く思ったことはありませんよ。

さて僕にできることはこれから仕事を頑張って、少しでも安定した生活を送り、子供の教育資金を確実に貯めることだと思っています。

子供が大きくなった際に選択肢を狭めることはしたくないので、少しでも多く教育資金を貯めたいと思っています。

そこで多くの方から勧められた学資保険ですが、僕も色々調べた結果、ないかなー、と思っています。

そもそも今の学資保険は利率が低すぎて殖やすというよりは預ける感覚です。

つまり例えば100万円を預けて18年後に105万円を受け取るみたいな感じです。

18年100万円を預けて5万円ですよ?いくらなんでも殖えなさすぎだと思いますよ。

この18年の間に何があるか分からないし、この間に利率の良い商品が出てくる可能性もあるわけなので、正直、学資保険はあまりにも魅力がなさすぎます。。

そこで僕は学資保険ではなく他の金融商品、つまり投資をして少しでも多く教育資金を貯めていきたいと思っています。

もちろんギャンブル的な投機ではなく、あくまでもリスクを抑えた投資をするつもりなので、これから色々調べて、考えて決めたいと思います!

父になりました!

そして父になる・・・。いやっほー!僕もとうとう念願の父になることができました!まだまだ未熟な僕が父になるなんてチョット怖い気もしますが、これから身の引き締まる思いで頑張っていかなければならないと強く感じている、慎吾33歳です!

結婚して3年。妻とも喧嘩も絶えませんでしたが、これからは子供の前で夫婦喧嘩は見せれないので、できるだけ喧嘩しないように心がけたいと思っています(心がけはしますが実際は難しいかも・・・)。

さて子供が産まれたので、お互いの両親や兄弟、そして友人、知人などから過分なお祝いを頂きました。感謝です<(__)>

お祝いを頂く際に、多くの方が子供の将来(教育費)の事を考えて学資保険へ入るのがいいよと言われました。

そこで早速ネットで学資保険について調べているのですが、確かに学資保険を勧めるサイトもあれば、学資保険についてネガティブに捉えているサイトもあるので、正直、加入するか迷っています。。

そもそも今の学資保険は銀行に預けるよりは利率は良いかもしれませんが、それでもたいして増えません。それならば他の選択肢、例えば株、投資信託や為替取引も考えたほうが良いかもしれません。もちろん学資保険は満期までに途中解約しなければ予定通りの満期保険金が受け取れますが、株などはかなり増える可能性はありますが、逆に大きく減らす危険性もあるので、このあたりをどう考えるかですね。

とりあえず学資保険に加入するなら早いほうが良いみたいなので、どのようにして子供の教育資金を貯めるかを早めに決断したいと思います。

メニュー

株、仮想通貨の暴落で学資保険を再考学資保険が向いている人もいる?学資保険よりも良い利率の投資商品を探す学資保険以外の選択肢学資保険はないかな・・・父になりました!


Copyright ©学資保険を検討しているブログ All rights reserved.

ログイン